傷口からの炎症が起きやすい

傷口の絆創膏

 

糖尿病になると、皮膚のかゆみが起こりやすく、湿疹なども出やすくなってきます。

 

乾燥肌、ひび割れ、魚の目やタコ、むくみなどは糖尿病の初期段階で皮膚にあらわれますが、これらは健康であっても起こる症状なので、気に留めるのは難しいかもしれません。

 

ですが、糖尿病の三大合併症である糖尿病神経障害になると、皮膚の感覚の低下、血行不良、抵抗力・免疫力の低下が引き起こす皮膚疾患で、さまざまな症状があらわれてきます。

 

皮膚が硬く分厚くなったり、足のすねや手の甲などに、真ん中が黄色っぽく、その周囲が黒っぽい斑状のものがあらわれたりします。

 

気がつかずに放っておくと、潰瘍になってしまうことがありますので、見落とさないように気をつけましょう。

 

それから、血行が悪くなった部分の皮膚が赤くなることもあり、赤ら顔や手足にあらわれやすいと言われています。

 

水虫やカンジダ症などの感染症、湿疹、かゆみなどは、糖尿病の代謝異常によって起こります。

 

合併症になっても、早期発見できれば治療の効果も出やすいので、お風呂に入っているときなどに身体中の皮膚の状態をチェックすると良いと思います。

 

また、糖尿病では代謝能力も低下していて、軽い傷口からも炎症をおこしやすくなっていますので、怪我をしないように注意することも必要です。

 

日頃から感染症などの予防のために皮膚を清潔にし、スキンケア用品で肌の保湿や保護したり、血行不良にならないように禁煙するのも皮膚疾患を防ぐ手段として有効的です。

 

糖尿病の症状を悪化させるカンジダ症とは?こちらへ