妊娠糖尿病の原因と予防

妊娠糖尿病は胎児に影響することも

妊娠中に限って血糖値が異常になる症状が、妊娠糖尿病です。

 

ただ、もともと糖尿病だった人が妊娠したときに糖尿病合併妊娠となることもあったり、妊娠によって糖尿病を発症した人が分娩後にも糖尿病のままでいることもあるため、いずれにしても注意が必要です。

 

妊娠すると様々なホルモン変化が起こり、これが妊娠糖尿病の原因ではないかといわれています。
胎児に影響がおよぶこともあり、何かとハイリスクな妊娠になることも懸念される病気です。

 

早産になることが多い他、巨大児になりやすいことからの難産もリスクの一つに挙げられます。
妊娠糖尿病は妊娠初期に検査によって発見されることが多いのですが、妊娠が進んでくるとインスリンが効きにくくなり治療が困難になります。

 

妊娠糖尿病にならないよう、妊娠を望んでいる女性は生活習慣を見直して改善しておくことが必要です。
また、妊娠糖尿病になってしまったら、初期のうちから食事療法を摂り入れて血糖値を上げないように努力することが大切です。

 

妊娠すると、食欲が普段よりわいてきたり、特定の食べ物しか受け付けないといった現象が起こりがちです。
そんなときに、食事療法を何ヶ月にも渡って続けるのは精神的にも負担が重くなります。

 

妊娠中には心身ともにリラックスして、分娩を迎えることが大事です。妊娠中の便秘対策

 

妊娠糖尿病は母子ともにリスクの大きい病気ですから、分娩すれば治る可能性もあると甘く見ていてはいけません。
妊娠したいと思った時点で、糖尿病のリスクを高めるような食習慣は変えるようにしましょう。