過食と糖尿病

過食と糖尿病の因果関係

糖尿病の原因は、遺伝によるものもありますが、過食が大きな要因のひとつとされています。

 

それでは、過食と糖尿病の間には、どのような因果関係があるのでしょうか?

 

インスリンの分泌が低下すると悪循環に

 

通常食事をすると、血液中のブドウ糖が一気に増えます。するとそのブドウ糖の量(血糖値)をからだの隅々まで行きわたらせて血糖値を下げようと、インスリンというホルモンが膵臓から分泌されます。

 

インスリンとは、人間の体内で作られるホルモンのひとつで、血液中のブドウ糖(血糖)を少なくする働きがあります。膵臓のなかに、ランゲルハンス島β細胞という名前の細胞があり、ここで作られています。

 

血糖を低くする働きがあるホルモンはインスリンだけです。

 

インスリンの働きはほかにも、肝臓や筋肉でブドウ糖をグリコーゲンに合成する作用を促したり、脂肪細胞でブドウ糖の利用を促進したり、ブドウ糖が肝臓から血液中に放出しすぎないようにするなどがあります。

 

血糖値が高い状態が続くのは、高血圧などと同じで血液が流れる血管を狭くして、動脈硬化などの危険があります。

 

ここでインスリンの分泌量が適切であれば支障がありませんが、過食をするとそれだけ必要とされるインスリンの分泌量も多くなります。もちろんこの場合、インスリンが十分に分泌されれば問題ありません。

 

しかしインスリンの分泌量が少ないと、血糖値がうまくコントロールされず、血糖値が高い状態が続くことになります。

 

すると、膵臓のランゲルハンス島β細胞が破壊されてしまい、インスリンを分泌する能力が低下し、血液中のブドウ糖が体内にうまく取り込むことができなくなり血糖値がますます上昇するという悪循環になります。

 

その結果、ブドウ糖は行き場がなくなり、血管内に蓄積されることになって、糖尿病になってしまうのです。

 

さらにブドウ糖だけでなくインスリンも血管内に蓄積されることになりますので、高インスリン血症となり、動脈硬化の原因にもなります。

 

このように過食にはインスリンの分泌不足を引き起こし、血糖値の高い状態が続いてしまうリスクがあるのです。

 

インスリン注射が必要になる前に過食を避けること

 

糖尿病となった患者さんの治療として、インスリン注射がよく用いられます。

 

糖尿病によって膵臓にダメージを受けて、インスリンが正常に分泌されなくなった人に対して、外部からインスリンを補うというものです。

 

糖尿病になってしまうと、このようにインスリンを定期的に補う治療法しかありません。

 

糖尿病は、自覚症状がないままに進んでしまいます。

 

糖尿病を防ぐためにも、生活習慣の改善は欠かせません。具体的には、毎日適度な運動をするのと同時に、食事は過食をせずに、腹八分目にしておくことが大切です。