糖尿病とカンジダ菌

糖尿病の人に起こりやすいカンジダ菌感染

カンジダ菌は、誰の体内にも棲息するカビの仲間です。

 

通常は何ら悪さをすることのない無害な細菌ですが、異常に繁殖して体中に炎症を起こしたり、精神に影響を与えて集中力を低下させたり、イライラしやすくなるなど様々な健康ダメージを起こすことがあります。

 

特に糖尿病の方は、日常生活でいつも血糖値が高い状態で過ごしていますが、糖はカンジダ菌の大好物のため、カンジダ菌の異常繁殖が起こりやすい状態にあります。

 

それで糖尿病の診断を受けている方も、血糖値が高めの方も、カンジダ菌感染への対策をしっかりと行なっておくことが、合併症を防ぐ上でも大切になってきます。