糖尿病は自覚症状が少ないのが特徴

血圧計

 

糖尿病の合併症は気付かないうちにどんどん進行してしまい、気付いた時にはかなり症状が進行しているというケースが多いです。

 

合併症を引き起こすと気付きそうなものなのですが、どうして糖尿病の合併症に気付くことができないのでしょうか?

 

糖尿病の合併症が気付きにくい理由は、自覚症状に乏しく目立った症状が体に現われないからだといわれています。

 

これは合併症だけでは無く糖尿病自体にもいえることで、症状が悪化しない限りは、他の病気に比べて体にそれほど異変を感じる訳ではありません。

 

大抵の人は仕事やストレスによる疲れからきていると思ってしまい、誰も糖尿病が原因だとは考えていません。そうすると糖尿病の発見自体が遅れてしまい、どんどん合併症が進行して、悪化した状態の時に初めて糖尿病や合併症に気付くという人が多いです。

 

では、糖尿病や合併症を見抜くためには、どういったことに注意すれば良いのでしょうか?

 

まず糖尿病の自覚症状は、ノドが異常に乾く、尿量が多い、トイレに行く回数が多い、倦怠感、急激な体重の減量といったものです。こういった症状が現われた場合は、糖尿病になっている可能性があるので、早めに受診された方が良いでしょう。

 

そして、合併症の自覚症状は、視力の低下、目が疲れやすい、手足のしびれや痛み、下痢、便秘、体のむくみ、顔面神経麻痺といったものです。

 

これらの症状を感じる場合は、糖尿病による合併症を引き起こしている可能性があるので、病院で受診されてください。

 

糖尿病の症状を悪化させるカンジダ症とは?こちらへ