糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症

カルテを持つ医師

 

糖尿病で怖いのは合併症を引き起こすことなので、合併症について知っておく必要があります。

 

糖尿病の代表的な合併症は大きく3つあり、それらの合併症のことを三大合併症といいます。

 

では、その三大合併症というのは、一体どのような合併症で、どのような影響を日常生活に及ぼすのでしょうか?

 

まず、三大合併症は、糖尿病神経障害・糖尿病網膜症・糖尿病腎症の3つのことをいい、この中で最も早く起こるのが糖尿病神経障害です。

 

糖尿病神経障害というのは、体の神経が鈍ってしまい、手や足にしびれ、痛み、麻痺を感じる合併症です。

 

この他にも筋肉の萎縮、立ちくらみ、ほてり、筋力低下、胃腸不調、発汗異常、勃起障害といった症状も見られます。糖尿病の中で、最も早く現われる合併症なので、こういった症状を感じた場合は、早めに病院で検査を行いましょう。

 

糖尿病網膜症になると物が2重に見えたり、視界に黒い点が見える飛蚊症、視力の低下といった目に関する症状が現われます。この糖尿病網膜症をそのまま放置してしまうと、最終的に失明する危険があるので、注意しないといけません。

 

糖尿病腎症になると腎臓の機能が低下してしまい、尿を自分で作り出すことができず、人口透析を受けないと生きることができなくなります。そうすると日常生活にかなり大きな支障をきたしてしまうので、できる限り糖尿病腎症になる前に対処したいところです。

 

糖尿病の三大合併症になってしまうと生活を送るのが非常に困難になってしまうので、早期発見早期治療が大切になってきます。

 

糖尿病の症状を悪化させるカンジダ症とは?こちらへ