早期発見と生活習慣の改善で悪化を防ぐ

机の上の眼鏡

 

糖尿病の三大合併症のひとつに糖尿病網膜症というものがありますが、糖尿病網膜症とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

糖尿病網膜症とは、血糖値が高い状態が続くことによって、網膜の血液の流れが悪くなるために引き起こされる合併症です。

 

糖尿病と診断されて10年後くらいに発症することが多く、初期の段階だと症状をあまり感じられないので、本人も気付かないことが多いです。

 

気付かずにそのまま放置してしまうと視力の低下や視界に黒い点が見えたり、最悪の場合失明する可能性があるので、注意しないといけません。

 

一度発症してしまうと、どんどん症状が悪化してしまうことも珍しくないので、早期発見、早期治療が大切になってきます。

 

症状が重くなってからでは遅いので、糖尿病患者の方は、定期検診を行ったり、目に何かしらの異常を少しでも感じた場合は早めに専門医に相談するといったことをしてください。

 

食事制限を守っていない糖尿病患者は、糖尿病網膜症になる可能性が高いですし、症状が悪化するスピードも早いです。

 

例えば、糖尿病なのにも関わらず、脂っこい食事や塩分の多い食事、甘い物の過剰摂取、暴飲暴食といった食事をしているとかなりの確率で糖尿病網膜症になり、失明の可能性も大幅に上がってしまうと思ってください。

 

糖尿病自体を改善していくと糖尿病網膜症を悪化させずに済むので、血糖値を安定させるような生活習慣を意識するようにしましょう。

 

仮に糖尿病網膜症の症状が悪化した場合は、手術を行うこともあるので、そうならないためにも早めに対処しましょう。

 

糖尿病の症状を悪化させるカンジダ症とは?こちらへ