糖尿病腎症が悪化すると人工透析が必要

ナースと患者

 

糖尿病の治療をせずにそのまま放置してしまうと腎臓に障害を起こす可能性があるので、気をつけないといけません。

 

糖尿病が原因で引き起こしてしまう腎臓の合併症は、糖尿病腎症というもので、これは非常にやっかいな病気です。

 

糖尿病腎症になると腎臓で尿を作ることができなくなってしまい、人工透析という方法で機械を使って尿を作らなくてはいけません。

 

仮に人工透析を行わないと老廃物や不要物を体外に自力で排出することができず、命を落としてしまいます。そのため、糖尿病腎症になった場合は、一週間に2回〜3回ほど病院で人工透析を受けるという生活を続けないといけないので、日常生活に大きな支障をきたします。

 

糖尿病腎症を予防するためには、原因でもある糖尿病を改善するというのが非常に重要になってきます。

 

血糖値を安定させることで、糖尿病腎症を予防することができるので、食生活、運動、睡眠などに注意してください。

 

特に食生活は重要で、血糖値が上がりやすい食べ物を口にしないようにしたり、カロリー計算した栄養バランスのいい食事をしないといけません。好き勝手に自分の好きなものを好きな分だけ食べるという生活をしていると、糖尿病が悪化し、糖尿病腎症を引き起こします。

 

また、運動不足も糖尿病を悪化させる要因のひとつなので、毎日適度な運動をするというのを意識するようにしましょう。

 

こういったことを気にしながら生活をすることによって、糖尿病はもちろん、糖尿病腎症を予防することができます。

 

糖尿病の症状を悪化させるカンジダ症とは?こちらへ