糖尿病神経障害により足にも様々な症状が

サラリーマンのひざの痛み

 

糖尿病が原因で、足に合併症を起こすことがありますが、具体的などのような症状が現われるのでしょうか?

 

糖尿病が原因で足に起こる代表的な合併症は、血液の流れが悪くなり、体の神経が鈍ってしまう糖尿病神経障害というものです。糖尿病神経障害になると足に痺れ、違和感、ほてり、こむら返りといった症状を感じるようになります。

 

また、足の感覚が鈍くなってしまうので、足に怪我をしやすくなったりしますし、足がつりやすくなります。

 

長時間歩行すると途中でふくらはぎに痛みを感じるというのも、糖尿病神経障害の特徴でもあります。

 

糖尿病神経障害は、糖尿病の合併症の中で最も早く現われるため、こういった症状を感じた場合は、糖尿病が悪化していると思ってください。

 

もし、気付いていながらもそのまま放置してしまうと、糖尿病網膜症や糖尿病腎症といった他の合併症も引き起こしてしまう危険があります。

 

また、糖尿病の人は足にタコができやすくなったり、巻き爪、足の皮膚の乾燥・ひび割れ、爪把厚といった症状も現われやすいです。

 

糖尿病による足の合併症を防ぐためにも、糖尿病自体を改善することが大切なので、栄養バランスのとれた食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけて、血糖値を安定させてください。そして、足の合併症を防ぐためにも禁煙をしたり、足を冷やし過ぎないように気をつけたり、足を清潔に保つといったことを最低限行いましょう。

 

そうすることで、糖尿病が原因による足の合併症を効果的に防ぐことができるはずです。

 

糖尿病の症状を悪化させるカンジダ症とは?こちらへ