糖尿病による神経障害に注意する

ひざが痛む男性

 

糖尿病で血糖コントロール不良になると、神経障害、血流障害や感染症などが複雑に関連しあって、足の潰瘍や壊疽がおこります。

 

しかし、糖尿病の三大合併症のうちの神経障害を起こしていると、手足がしびれたりピリピリしたり、軽いやけどや傷の傷みの感覚が鈍くなっています。

 

そのため、血液の流れが悪くなって足指が壊疽をおこしたり、足の怪我をしても気が付かずに、壊疽の悪化や傷口を化膿させてしまうこともあります。

 

糖尿病では、足の潰瘍や壊疽が重症化して、足の一部を切断しなければならなくなるケースが少なからずありますし、足を切断するまでに糖尿行の症状が深刻化した患者は、治療しても回復しにくかったり、再発することが大変多いようです。

 

手遅れになる前に、普段から自分の足をチェックする習慣を心がけましょう。

 

また、皮膚の感覚が鈍っているので、やけどの恐れがある貼るカイロや、あんか・湯たんぽなどを使用するときには、十分に注意しましょう。

 

糖尿病の合併症を早期発見するために、足の形態や足の症状をチェックするポイントとして、こむら返り・足裏の違和感・足先のしびれ・爪の変形や変色・タコなどの皮膚異常・皮膚の発赤や乾燥・壊疽・痣・水虫などの感染症などがあります。

 

このような足の異常に気がついたときは、痛みが無い場合でも油断できませんので、すぐに医師の診察を受けるようにします。

 

そのほかの糖尿病の神経障害から、筋肉の委縮・筋力の低下・胃腸の不調・立ちくらみ・発汗異常・インポテンツなどの自律神経障害の症状もあらわれてきます。

 

糖尿病の症状を悪化させるカンジダ症とは?こちらへ